09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

いちじくのタルト

2009.08.08 (Sat)

最近お店に並ぶようになってきたいちじく。
いちじくを見ると、カリフォルニアに来て
1年経過したのだなと感じます。

カリフォルニアには昨年4月に一旦来たのですが、
その後すぐに日本に数ヶ月帰ったりして、
ちゃんと生活を始めたのがいちじくが並ぶ季節だったんですね(^^)

そんないちじくを使って作ったタルト、
こちらも1年前に作った時より上達したかも�n�[�g
前回は切ったらタルト部分がバリバリと割れてしまってたもんなあ。

R0016060_convert_20090808043901.jpg

R0016062_convert_20090808043937.jpg

生のいちじくとコンポートにしたものと
両方の味が一度に楽しめます。
外側はサクサクだけど中はしっとり�́[��


<いちじくのタルト> 直径18cmタルト型 1台分

[タルト生地]
 バター 60g 室温でやわらかくしておく
 粉砂糖 30g
 卵 10g
 アーモンドパウダー 20g
 小麦粉 60g
 シナモンパウダー 少量

[いちじくのコンポート]
 いちじく 1個
 赤ワイン 10ml
 砂糖 15g
 レモン汁 小1

[アパレイユ(中身)]
 バター 50g 室温でやわらかくしておく
 砂糖 50g
 卵 40g
 アーモンドパウダー 50g
 ラム酒 小1
 小麦粉 10g

[仕上げ]
 いちじく 3個
 ピスタチオダイス 適宜
 粉砂糖 適宜
 ミントの葉

 レモン汁 小1
 粉ゼラチン 小1/2
 水 小1/2


タルト生地を作る

 1、バターと粉砂糖をハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜ、
   卵を入れてさらに混ぜる。
   小麦粉、アーモンドパウダー、シナモンパウダーを
   ふるいながら加えて、ゴムべらですり混ぜる。

 2、1をまとめ、広げたサランラップの上にのせ、
   上からもう一枚サランラップをかぶせて挟み、
   タルト型プラス立ち上がり部分の大きさの円形に
   めん棒で広げる。
   サランラップを外し、外した面を下にして
   バターを薄く塗ったタルト型にセットし、
   もう一枚のラップを外して、はみ出した部分をカット。
   フォーク等で記事に細かい穴をあけ、サランラップを
   再び表面にかぶせて、冷蔵庫で冷やす。
  ※サランラップを利用すると生地が手やめん棒につきません。


いちじくのコンポートを作る
 
 いちじくは薄く皮を剥き、薄切り。
 鍋に材料を入れ、2~3分煮て、
 いちじくの実をすくってざるに上げておく。
※いちじくの形がくずれてもかまいません。

 
アパレイユを作る

 1、ボウルにバターと砂糖を白っぽくなるまで
   ハンドミキサーで混ぜ、卵を加えてさらに混ぜ、
   アーモンドパウダー、ラム酒、小麦粉の順に混ぜては
   ゴムベラで混ぜる。

 2、タルト型をセットした生地のラップを外し、 
   1の生地の半量を流し、コンポートの実を
   小さい円形に並べ、残りの1の生地を流し、
   平らにととのえる。
   180度にあたためたオーブンで5分、
   170度にして10分、160で20分焼く。

仕上げ
 1、コンポートシロップを弱火にかけてあたため、
   レモン汁分量の水でふやかしたゼラチンを溶かす。
  ※沸騰させないように!

 2、いちじくの皮を薄くむき、薄い輪切りにし、
   あら熱のとれたタルトの上に並べ、1のシロップを
   いちじくの上にはけで塗る。
   まわりにピスタチオダイスを飾り、粉砂糖を周辺にふり、
   ミントの葉を飾れば、完成☆


手持ちのレシピ本を参考にタルト生地の量などを増やして
作りました。タルト生地の切れ端は型で抜いて焼けば
クッキーになります☆



2つのブログランキングに参加しています。
↓のバナーを応援クリックしてくださると嬉しいですhearts







ちなみに昨日はアダルトスクールの最終日。
今日から約1ヶ月の夏休みに入りました。
学校のあとはお友達の家に数人で遊びにいき、お茶会。
近くのRedwood Cityという街にあるビスコッティが
おいしいと噂のLa Biscotteriaの様々なお菓子を
ふるまってくださいました。

R0016065_convert_20090808044001.jpg

生地の表面が細かくて
これまでのざっくりした印象とは違う繊細な
味わいでした。フレーバーもたくさんあるのだとは。
他のケーキやいちじくが丸ごとコーティングされた
チョコレートもおいしかった�n�[�g

今の街に住む日本人の方は駐在者が主ですが、
ご主人がアメリカ人の方などもいて、
バークレーの時とはまた違った雰囲気。
みなさん数年の滞在が主とはいえ
どのお宅も工夫して暮らされており、
昨日お邪魔したお宅もお洒落な彼女のセンスが光る
可愛い小物達が飾られていました。

私はこの写真のテーブルクロスにかな~り
心奪われてしまいました(^^)



スポンサーサイト

テーマ : ☆パン・お菓子作り☆ - ジャンル : 結婚・家庭生活

04:50  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://orange915.blog53.fc2.com/tb.php/114-33082da3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。