03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お花見弁当☆

2010.04.05 (Mon)

この週末、東京は桜が満開になりましたね

お花見を予定していた主人は突然の出張が入ってしまいい
残念そうにしていたので、先週末はテーブルに桜の枝を飾り、
季節の食材を使用して作ったお料理をお花見弁当風に盛りつけてみました
少しはお花見の気分が楽しめたかな(^^)

R0017564_convert_20100405221406.jpg


R0017565_convert_20100404225813.jpg

漆器や和紙を使用して和を意識したコーディネート。
桜の花の柄の箸置きとお箸は、退職する時に先輩達から頂いたもので、大事に使用しています。

花瓶は小さなものしか持っていないので、桜の枝を一本ずつさしてクロスさせてみました。
でもやっぱり小さかったかな(^^;)

<メニュー>
 春食材の押し寿司
 フワフワひりょうずの葛あんかけ
 たけのこと生わかめの炒め煮
 山菜の煮物
 枝豆豆腐
 鰆の竜田揚げ、タラの芽の天ぷら
 ふきのとう味噌
 
 
R0017572_convert_20100404225422.jpg
 ケーキみたいに可愛い押し寿司。隠し味の味噌ダレがいい味出しています☆
 玄米は義母が送ってくださったもの。ふっくらプチプチとした食感がおいしくて、少しずつ大事に食べています。

 <春食材の押し寿司> 2人分(パウンドケーキの型1台分)
  玄米ごはん(炊いたもの) 約2膳
  すし酢 適量

  高野豆腐 2枚
  だし汁 75ml
  しょうゆ 小1

  おろししょうが 小1/2
  春キャベツの葉 1枚 
  せり 1/2束
  
  [A]
  白みそ 大1.5
  練り白ごま 大1/2
  酒粕 大1/2
  だし汁 大1/2
  
  白ごま 少量
  焼きのり 1/2枚 
  ラディッシュ 2個
  木の芽 少々

 1、高野豆腐は水でもどして両手ではさんで絞ったあと、分量のだし汁、醤油、おろししょうがで煮て 
   下味をつける。
   春キャベツの葉は熱湯でゆでてパウンドケーキ型の大きさに切り、せりも茹でてみじん切り。
   玄米ご飯にすし酢を混ぜて酢飯を作り、みじん切りしたせりを混ぜる。
   Aの材料を混ぜてみそだれを作る。

 2、パウンドケーキの型にラップを敷き、キャベツの葉を敷き、酢飯の半分を詰めて、
   手でギューと押す。
   味噌だれを塗り広げ、高野豆腐を型に合わせて切って敷き詰め、のりも型の大きさに切って敷き詰める。
   残りの酢飯を詰め、最後に白ごまをふりかけ、ラップをもう一枚かぶせてもう一度手でギューと押し、
   ラップごとキャベツの面が上になるようにまな板の上に取り出す。

 3、ラップをしたまま6等分し、ラップをはがして、薄切りしたラディッシュと木の芽を飾れば、
   できあがり☆

  

R0017571_convert_20100404225558.jpg
 たけのこの食感が効いた、ふわふわのひりょうずです。
 けっこうボリュームがあってお腹にたまる、ヘルシーな椀ものです。
 ずっとグリーンピースは苦手だったのですが、アメリカで生のグリーンピースを茹でたものを
 食べて以来、大好きになりました。ほどよい硬さの食感がとてもおいしい☆

 <フワフワひりょうずの葛あんかけ> 2人分

  木綿豆腐 150g
  長芋 25g
  塩 少々
  練り白ごま 大1

  たけのこの水煮 50g
  にんじん 25g
  ごま油 適宜
  塩 少々
  醤油 小1

  だし汁 1カップ
  醤油 1/2
  塩 少々
  葛粉、水 各大3/4
  おろししょうが 小1/2
  きのこ3種を刻んだもの 1/2カップ
  生グリーンピースを茹でたもの 大3
   グリーンピースは沸騰したお湯で10分茹でたあと、そのまま茹で汁に入れたままゆっくり冷やすと
   シワシワになりにくいです☆

  揚げ油

 
 1、フードプロセッサーに豆腐、塩、練白ごまを入れて撹拌し、ひげ根をコンロの直火にあてて焼いた
   長芋をすりおろして加え(皮付きのまま使用するとすりおろしやすいです)、
   再び撹拌してホイップ状に仕上げる。

 2、茹で筍、人参は千切りにし、ごま油を熱したフライパンで炒め、塩、醤油(小1)で下味をつける。

 3、葛あんを作る。
   だし汁できのこを煮て、塩、醤油、おろししょうがで味つけし、グリーンピースを入れてすこし煮たら、
   水で溶いた葛粉を回しいれてとろみをつける。

 4、1に2を加えて軽く混ぜ、中温に熱した揚げ油に一口サイズずつ落としてきつね色になるまで挙げる。

 5、4を椀に入れ、3の葛あんをかければ、できあがり。


  
R0017570_convert_20100404230438.jpg
 生わかめもこの季節ならではの食材ですね。
 弾力があって、お刺身でもおいしいけれど、たけのこと一緒に野菜味の煮物に。

 たけのこの水煮(小1個)、生わかめ(ひとつかみ)を食べやすい大きさに切り、だし120ml、醤油15ml、
 みりん15ml、砂糖15ml、鷹の爪1/2本でまずたけのこだけで15分程煮、後から生わかめを加えて
 さっと煮たらできあがり☆

 
R0017569_convert_20100404225658.jpg

 山菜の煮物
  山菜の煮物は、市販の山菜水煮パックをだし汁100ml、醤油15ml、みりん15ml、砂糖15mlでさっと煮たもの。
  少ししっかりした味で煮たほうがくせが気になりません。仕上げにかつおぶしをのせて。

 枝豆豆腐
  下のレシピを参考に、牛乳を豆乳に変え、少し固めになるまで練って冷蔵庫で固めてつくったものです。
  さくらの形をしたクッキーの型で抜いて、桜の塩漬けを水にさらして塩抜きしたものをのせてみました☆

 
  
R0017568_convert_20100404225742.jpg

 鰆もまさに旬のお魚☆
 油がのっていて、ふっくらできておいしかった~(^^)
 ふきのとうみそをつけて食べました。
 タラの芽も初めてお料理してみましたが、こんなにおいしいんだ!ってぴっくりしました。

 <鰆の龍田揚げ> 2人分
  鰆 2切れ
  醤油 大2
  酒 大1

  片栗粉 適量
  揚げ油 適量

  鰆を食べやすい大きさに切り、醤油とお酒を混ぜたものをもみこんで10分おいて
  味をしみ込ませ、汁気を切って片栗粉の衣を薄くつけ、170度の油でカラリと挙げれば、できあがり。

 タラの芽は薄めに溶いた天ぷら衣をつけ高温で揚げたもの。
 ふきのとう味噌はこちらのレシピを参照しました。→http://www.sirogohan.com/hukinotou

R0017576_convert_20100404225454.jpg
 デザートは、桜餅☆
 すでに色付けされた道明寺粉が売っていたので、そちらを使用して作りました。
 クオカのレシピでつくったらすごく簡単にできましたよ(^^)
 http://www.cuoca.com/library/kikangentei/spring/06sakura_01.html


この日の飲物は、桜柄の日本酒をチョイス。
お酒にも桜の塩漬けを塩抜きしたものを入れて、桜の香りを楽しみました。

R0017574_convert_20100405221451.jpg

R0017575_convert_20100404225529.jpg

ちなみにこのコップは最近ちょっとしたお仕事を一緒させて頂いている
デザイナーズ家具専門店のアビリタさん(http://www.abirita.com/)に
お借りした「サクラサク。」という名の坪井浩尚さんの作品のものです。

底が桜のかたちをしていて可愛いだけでなく、
ガラスも薄くしっかりと作られていて、繊細なお酒の味が楽しめます☆



R0017585_convert_20100405230245.jpg

今年の私の桜のベストスポット☆
砧公園から成城学園前まで仙川沿いに歩いたのですが、
東宝撮影所や住宅公園のあたりの桜が川にせり出し、赤い橋とのコントラストが
綺麗でした(^^)





2つのブログランキングに参加しています。
↓のバナーを応援クリックしてくださると嬉しいですhearts









コメントをくださっているブロとものみなさま。
コメントの承認やお返事が遅れて誠に申し訳ないです(><)

今後、コメントへのお返事は時間を見て、ブログをお持ちの方は
ブログに遊びに行ってコメントを、ブログをお持ちでない方にはこちらで
コメントにお返事させて頂きます。

細々とでも長く続けられたらと思いますので、
今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m


スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

23:00  |  和食の日  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。