05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヨーロッパ旅行 その4

2009.06.18 (Thu)

ヨーロッパ旅行のご報告、最終章です☆

小分けに書いて4部に分かれてしまいましたが、
全部読んでくださっている方、本当にありがとうございます!

今回最初にご報告するのは、私がず~っと憧れていた、
ロンシャン礼拝堂です。
大学一年生の時の授業で先生がスライドで見せてくださった
写真が忘れられなくて、いつか見に行ってみたいと思っていた願いを
主人がかなえてくれました。


ロンシャンはスイスとの国境に近い、本当に小さな街。
交通機関もとても不便なので、ディジョンを足がかりに、
一日かけて訪れました。

こちらが近代建築の父と評される、コルビジェの作品である”ロンシャン礼拝堂”です。

R0015225_convert_20090614201417.jpg
R0015285_convert_20090617215329.jpg

計算して配置された大きさの違う窓から入る光が、幻想的です(><)

実際は少し大味なところもあって、写真のほうが素敵?というより写真移りの良い建物??
というところもありましたが、丘の上から見晴らす景色も素晴らしくて、
しばらく周辺の芝生でボーとしていました。

周りでは地元の小学生のコ達が集団で訪れて
下のアトリエで作品作りを他の楽しんでいました。

すごくモダンだけれども、周辺環境にしっかりなじんでいて、
憧れた建物は、やっぱり時間をかけて訪れた甲斐があったなと思いました(^^)

R0015219_convert_20090614201356.jpg



パリへ移動してからも少し郊外に出て、
コルビジェの”サヴォワ邸”を見に行きました。

こちらはロンシャン礼拝堂とは違って、直線を生かしたデザインです。
こんな大邸宅が”週末を過ごす家”だったなんて、驚きですよね。

R0015344_convert_20090614202316.jpg
R0015348_convert_20090614202332.jpg

どの場所にいても、木々の緑が見えるように窓が配されていたりと、
心地よい時間を過ごせるような配慮を多数感じました。



実はパリを訪れるのは、4回目。
なので今まで行ったことのなかったところを中心に楽しみました☆

モンマルトルと、

R0015328_convert_20090614202213.jpg

オルセー美術館。

R0015311_convert_20090614202154.jpg

初めて行った蚤の市はとっても楽しかったです。
オルセー美術館の印象画たちに触発されて、主人は油絵を購入。
私はキッチン雑貨をいくつか購入しました(^^)

R0015332_convert_20090614202233.jpg

パリはおいしいパン屋さんやパティスリーがたくさんあるのも魅力ですね。
毎日どこかしらのパン屋さんに寄っては、様々な酒類のパンや焼き菓子を試しました。

写真は、メレンゲの焼き菓子とタルトタタンです。

R0015334_convert_20090614202251.jpg


長~いご報告におつきあいくださって、ありがとうございました☆

この1年はたくさん旅行をしたので、長い旅行は今回が旅行納め(のつもり)。
ヨーロッパは建物の美しさなどの格が違う!と感じた旅でした。
お天気にも恵まれて、楽しい思い出作りができました(^^)




レシピの話題ではないですが。
レシピブログランキングに参加しています。
↓のバナーを応援クリックしてくださると嬉しいです絵文字名を入力してください



スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

21:46  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。